農業用資材 > サトウキビ活性炭

サトウキビ活性炭

    
内容成分 バガス
使用方法 畑に使用  : 10aあたり 45Kg〜150Kg使用
植え穴処理 : 株元へ30g〜50g施用して下さい。
育苗処理  : 培養土に3〜5%混合して下さい。
堆肥の醗酵 : 熟成に1tonあたり15Kg混合して下さい。

土壌微生物を活性させる為、播種、定植の2週間くらい前に畑にすき込
んで下さい。水分が抜けやすい砂質土壌では多めがお勧めです。
■サトウキビ活性炭とは?
アマゾン川流域で民族学者によって発見された黒い土。ポルトガル語で黒い土を
意味するテラプレタと言われ、炭化物である炭が他の土壌より40〜70 倍も多い、
約5t/10a含まれている事が発見されました。
この土壌に育つ植物は、高さも茎の直径も通常の2 倍に達し、農産物の成長も収穫量も
これに比例して2〜3 倍多い事が特徴です。これまで、この黒い土は火山灰由来と考えら
れていましたが、最近の研究で植物由来の炭であることが報告され、現在更に炭の注目
度が上がっています。
弊社サトウキビ活性炭は製糖工場から排出されるサトウキビの絞り粕をプレス型で成型し
高温で焼成した後、細かく粉砕した活性炭です。
■サトウキビ活性炭の特長
・ 竹炭の約5倍の保水力で500%の含水率。
・ 軟質性で土壌に均等に攪拌されやすい。
・ 軟質性で根や微生物に分解されやすい。
■サトウキビ活性炭の効果
・ 保水性・排水性の改善
・ 土壌pHの補正
・ 有用微生物の増殖
・ 地温を上げる
・ 連作障害の改善
・ センチュウの抑制
・ 細根の発達
・ 収量の増加
■農業分野で使われる形態
・ 10aあたり45Kg〜150Kgを元肥と一緒に剥き込む。
<推奨>
・ 活性炭とトップガードを一緒に剥き込む事により、活性炭が微生物の住処となり
  トップガードの効果を高めます。
商品情報
時代ぬかみそ 時代ぬかみそ
化学調味料無添加のぬかみそです。
農業用資材 農業用資材
食品素材をベースにした減農薬資材です。
天日濃縮塩 天日濃縮食塩
オリジナル濾過製法による
天日塩と天日濃縮・煎ごう塩
です。
天日濃縮にがり 天日濃縮にがり
天日濃縮塩の集穫時回収される天日濃縮にがりです。
天日濃縮海水 天日濃縮海水
アクアリウム関連商品。
天日濃縮海水、ミネラル補給剤を開発しています。
ブログへGO!   

弊社スタッフ「スギちゃん」のブログです。
商品紹介や日常の出来事をタイムリーでお伝えします。
少々休みがちなのが気のなりますがよろしくお願いします。

Copyright(c)2007 FUJIMIBUSSAN Co., Ltd. All Rights Reserved.